主人との価値観の相違

私は結婚と同時に、主人からの強い要望により専業主婦となりました。

それまでは働いていたのである程度お金は自由に使えたのですが、主人だけが外で働いてくれるので、家に入れてくれるお金をあまり勝手に使う訳にいかないという気持ちになりました。
なので、結婚してからは食費やシャンプーなど以外の出費については主人にお伺いを立ててからにしてます。

例えば、冠婚葬祭の費用。
友人が結婚したからそのお祝い金とか、我が家の子供が生まれたからお祝いもらったのでお返しを買うお金、とかはいくらにするかについても伝えます。

けれど、男だから仕方ないのかもしれないけれど主人はあまり冠婚葬祭に対してお金を出すのはもったいないという考えなんです。
だから、お祝いくれた人へのお返しを贈ろうとしてもそんなの必要ないんじゃないの、とか随分高いなとか文句を言われます。

冠婚葬祭の費用というのは私は、家庭を持ったら付き合いの必要経費だと思うんです。
だから、そこはケチるところではないし、無駄使いではないからお金を気持ちよく出したいです。

けれど、私は専業主婦であり、お金を稼いでくる訳ではないから何となく家のお金は主人のお金という意識が強くてあまり強く言えません。

実際結婚当初は働きたかったけど、今さら働くとなってもまだまだ子供は小さいし風邪ひいたら預けるところないし、ちょうどいい働き口もそうそう見つからないのでお金は稼げません。

だから今はお金については主人に全面的に頼るしかないけれど、稼いできた主人の意向を無視して冠婚葬祭についてのお金の使い途を決めるのは気が引けます。

しかし何年もこういう状況なので、たまには主人を無視して秘密でキャッシングを利用してします。人付き合いはきちんとしたいですし、ケチるところではありませんから。
専業主婦でも簡単に借りられます。誰にも知られず申込みから借入まで完了できますよ。
⇒審査が不安な方のために参考サイト・・・専業主婦キャッシング 審査

帰省の時のお土産だって、私が言わなかったら買わなくて良いんじゃないと言われるけど、そういうお金をケチると私が恥をかくので勘弁して欲しいです。
なるべく使う金額は相場の中での少なめにはしますが、それすら出し渋られるとすごくストレスです。

人付き合いの最低限のマナーなのだと理解して気持ちよくお金を包んでもらいたいです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です