通信制高校の学費とメリットについて

通信制高校の学費は全日制に比べると圧倒的に安い

通信制高校というのは、基本的には一カ月に数回のスクーリング(学校へ通うこと)とレポートなどの与えられた課題をこなしていくことと試験の3つの大きな柱によって成り立っているものです。
学費は私立と公立があるため、それぞれに異なるものですが、全日制に比べると圧倒的に安いということが言えます。
公立においては、入学金が500円からで授業料が1単位あたりがおよそ300円台で一年間の学費はおよそ1万円弱での料金で利用ができるものです。
公立に比べると私立の場合は幅が広いもので、一年間の学費の料金が安い学校では、およそ10万円台で高い学校においては50万円以上もかかる学校もあり、それぞれの学校によってちがうため相場の幅が広いということになります。
通信制高校は、あらゆる事情で通われている生徒が多いものですが、一度は全日制の学校に通ったことがある生徒や不登校などでほとんど学校へ通ったことがないという生徒もいます。
なかなか友達やクラスメイト、先生などとは馴染めずになるべく集団行動はしないで学校に通って勉強をしたいという生徒もいるようです。

通信制高校の学費は全日制に比べると圧倒的に安い : 通信制高校に通うメリットは以前よりも大きい : 学校選びというものもスタートするための第一歩